WEBデザイナーに求められるスキル

WEBデザイナーになりたい、と考えている人は多いようです。ではWEBデザイナーに求められるスキルというのはどのようなものがあるのでしょうか。

 

基本的なホームページを作成するために必要なアプリやプログラム言語が分かることは基本中の基本のスキルですよね。今まではとにかくオリジナリティがあり見やすいホームページをデザインすることが出来ればOKという一面もありましたが、今後のWEBデザイナーはそれだけではなく、分析能力や成果などをしっかりとこだわったスキルが必要になってくると言われています。

 

例えば、自分がデザインしたWEBサイトがどのような結果をもたらしているのか、自分がデザインしたWEBでどのような成果を上げているのかを分析して次に生かすことが出来るといった視点を持つことだそうです。創世記ではWEBを作り上げるだけで良かったWEBデザイナーという仕事ですが、今後はWEBデザインによって稼げるサイト作りをすることができるスキルまでを求められると言われています。さらに、自分自身が造ってきたWEBを客観的に評価することが出来る視点も必要になってくるそうです。

WEBデザイナーになるためのスキル

WEBデザイナーになるためのスキルとはどのようなものがあるのでしょうか。最近では優秀なホームページ作成ソフトがありますので、このソフトを利用してホームページを作成することが出来ればWEBデザイナーになれるというわけではありません。

 

オリジナリティのあるサイト作りをするためには、デザイン能力はもちろんですが、最低限写真を加工するためのPhotoshopやプロ向けのホームページ作成ソフトであるDreamweaver、イラストを作成したり加工したりするIllustratorの3つのソフトウェアを自在に操ることが出来る能力も必要にあってきます。もちろん、htmlやCSS、java scriptなどのホームページを作成する上で基本となるプログラム言語や、Flashの基本なども抑えておくと良いと思います。

 

趣味の範囲の「ホームページがつくれます」というスキル程度では仕事としてWEBデザイナーになるのは難しいのが現実です。このWEBデザイナーになるためのスキルは年々必要になる範囲が増えて行っているので、つねにスキルアップをめざす向上心も必要です。

 

WEBデザイナーの転職はエージェントで年収アップ

WEBデザイアーが転職するお手伝いをしてくれるエージェントの利用を考えている方はTOPページへ!さらなるキャリアアップと年収アップを狙い転職エージェントに無料登録しましょう