40歳でWEBディレクターへ転職できる方法とは

40歳という年齢は、会社に欠かせない中心的な存在となっている頃です。
それまで築き上げてきたキャリアとスキルによって、自分のアイディアを形にしていくことができます。
一通りの実務経験を積んだことで転職する方も多く、WEBサイトの構築などを統括するWEBディレクターも魅力的な求人の1つです。

 

 

WEBディレクターの求人は、原則的に即戦力であることが応募条件です。すでにどこかの会社で活躍していた経験があると、それだけ採用されやすくなります。40歳に見合った成果を求められるので、分かりやすい職務経歴書を作成しておきましょう。

 

専門的な職種であるWEBディレクターは、転職支援サイトに多くの求人が集まっています。プロのコンサルタントから色々なアドバイスをもらえるので、一度相談してみることをお勧めします。せっかく良いキャリアがあっても、マッチングしている求人に応募しなければ意味がありません。なお、そういった転職支援サイトに登録すると、一般には公開されていない非公開求人も紹介してもらえます

 

 

このWEBディレクターは、製作会社のキャリアアップの1つでもあります。
デザイナーといった現場で働いている方が、一通りの仕事を覚えて、上の立場であるWEBディレクターに昇格するのです。別の分野で実務経験がある方については、まず現場の職種で入社することも検討してみましょう。いきなりWEBディレクターで採用されるのは困難ですが、地道に信用を積み重ねて、社内で昇格を目指す方法もあるのです。

 

 

 

合わせて読みたい記事