プログラマが転職する際の職務経歴書の書き方

プログラマは、どの業界でも人材が不足しており、売り手市場の状態が続いています

 

大学や専門学校では情報通信の専門家の育成に力を入れていますが、ビジネスの進捗度合いが人材育成のスピードを上回っているので、なかなか人材の確保ができない企業や団体が多いのです。企業にとって、ビジネスチャンスを得るためには、IT化の推進が欠かせません。ホームページを開いたり、ネットビジネスを始めれば新規顧客が開拓できるので、プログラミングができる人材は、どの企業も喉から手が出るほど欲しいのです。

 

ですから、プログラマの人が転職する場合には、今の仕事よりも給料や休暇等の条件が良かったり、仕事のやりがいが求められる職場を選ぶようにするとよいでしょう。現状からのステップアップを目指すことが、転職を成功に導くためのポイントとなります。

 

さらに、もう一つ必ず気をつけなければならないことがあります。それは、職務経歴書の書き方です。プログラマの仕事は専門職ですから、職務経歴書に記載する職務経験も、つい専門用語を駆使して書いてしまう傾向にあります。しかし、企業の採用担当者は人事のプロフェッショナルではあっても、情報通信分野のプロではありません。採用担当者は人事評価や給与計算は得意であっても、ITの専門用語は何のことかほとんど理解できないのです。ですから、職務経歴書には、素人が読んでも理解できるように、わかりやすく簡潔に記載する必要があります
"

 

 

WEBデザイナーの転職はエージェントで年収アップ

WEBデザイアーが転職するお手伝いをしてくれるエージェントの利用を考えている方はTOPページへ!さらなるキャリアアップと年収アップを狙い転職エージェントに無料登録しましょう