ネットワークエンジニアへの転職を目指す人にはお勧めの資格

昨今、IT化が進みあらゆる企業でネットワークが構築されています。その為、技術者である「ネットワークエンジニア」が必要不可欠となっています。
求人・転職においてもネットワークエンジニアを目指す方が増えていて、その活躍の場も拡大していると言えます。

 

では、ネットワークエンジニアへの転職において必要な資格とは何でしょう。
ネットワークエンジニアの仕事内容は、ネットワークの構築・セキュリティの運用・管理、カスタマーサポートなど専門的スキルが求められます。

 

国家資格として情報処技術者試験がありますが、よく知られているものにネットワークの設定・運営などができる能力を証明するものとして、シスコ技術者認定があります。シスコは実践的な技術力と企業側の認知度・評価が高く「アソシエイト」「プロフェッショナル」「エキスパート」の3つに分類されます。まず、初級の「アソシエイト」クラスに位置するCCNAの取得は大切です。特に未経験からネットワークエンジニアへの転職を目指す人にはお勧めの資格で未経験者でも募集されることがあるのが監視・運用です。

 

更に、スキルアップを目指す場合、CCNP(プロフェッショナル)・CCIE(エキスパート)とレベルアップを目指しましょう。合わせてMCPやCCNAの資格も取得したいものです。因みにCCIEは難易度は高いですが、ネットワーク業務に従事している人にとって専門的なスキルを備えている人として評価が高く取得していれば転職にかなり有利です。

 

 

 

 

 

WEBデザイナーの転職はエージェントで年収アップ

WEBデザイアーが転職するお手伝いをしてくれるエージェントの利用を考えている方はTOPページへ!さらなるキャリアアップと年収アップを狙い転職エージェントに無料登録しましょう