WEBデザイナーとは?

WEBデザイナーというのは文字通りWEBサイトをデザインする人たちのことを言います。以前はサイト作り全般を担っている人のことを言うこともありましたが、最近では分業制が多く、WEBデザイナーが企画や構成を感がるようなことは少なくなってきていますし、デザインしたデータをサイトとして見ることが出来る形に整えるコーディングという作業も分業して専門的に行っている人もいます。

WEBサイトの中にはさまざまなコンテンツが含まれていることもありますが、このようなコンテンツを作成することを専門にしているプログラマーなども存在していますので、今はWEBデザイナーといえばまさしくWEBの表面的なデザインを行う人であることが多くなっています。
もちろん、今もこれらの作業を全て1人で行っているというWEBデザイナーも存在していますが、かなり膨大な作業量になるために、分業制で行われていることの方が多くなってきています。WEBデザイナーはオリジナリティのあるWEBサイトを作り上げるためにどうしてそのデザインを採用したのかという理由を求められた時にしっかりと説明できるよう出なければなりません。

 

WEBデザイナーの仕事内容

日頃インターネットでWEBサイトを見ているかとおもいますが、このWEBサイトを作っていく仕事がWEBデザイナーと言われている仕事になります。一言でWEBデザイナーといっても、実は細かく分類されていることも多く、単純にこの仕事がWEBデザイナーの仕事であると範囲を区切って言うことが難しくなっています。

 

WEBの創世記では、WEBの構造自体もとても単純で、ちょっとした配色をしてイラストなどを差し入れ、ぼたん位を作って並べるだけでもかなり見栄えの良いサイトをつくることが出来ましたが、現在は分業制が取られていることが多くなっています。まずWEBを企画してどのようなサイトを作るのか、ページの公正はどうするのかなど企画を行うディレクターやプランナーがいて、その指示のもとに文章やキャッチを各ライターがいます。デザイナーはそのライターの文章を見やすく配置し、デザインしていきます。そのデータをもとにコーディングし、デバックをしてリリースとなりますが、WEBデザイナーが担っているのはこのデザインがメインになります。しかし、中にはすべてをWEBデザイナーが担う場合もありますし、コーディングまでを行うというケースもあります。

WEBデザイナーの転職はエージェントで年収アップ

WEBデザイアーが転職するお手伝いをしてくれるエージェントの利用を考えている方はTOPページへ!さらなるキャリアアップと年収アップを狙い転職エージェントに無料登録しましょう