WEBデザイナーの転職はポートフォリオでアピール

WEBデザイナーが転職をする際には実力を示す必要がありますので、その根拠として使えるのがポートフォリオとなります。ポートフォリオは自分のスキルやデザインセンスを示す作品ですから、作品を見ればどんな技術者なのか何を得意としているかがすぐに分かります。

 

職務経歴書や履歴書を見てもスキルまでは把握できませんので、手っ取り早くWEBデザイナーとして能力を示せるのがポートフォリオだと言えます。自分の力を知ってもらうには作品のレベルが重要ですから、手を抜かず最高の作品になるように作ることが大切です。

 

通常ではWEBで見ることができるサイトと紙ベースの両方を用意しますが、企業によって紙ベースは不要な場合もあります。WEBデザイナーの転職では重要な武器となりますが、独立してフリーになった場合には企業への売り込みに使用できるものでもあります。時間が無いために手を抜いてしまうケースもありますが、スキルを示す絶好のアイテムですから持てる力を全て駆使して作ることが大切です。

 

WEBデザイナーの仕事はデザインとサイト製作となりますが、ポートフォリオはスキルを示すものですから注意が必要です。デザインを重視することはもちろんですが、WEBデザイナーのデザインは商業デザインですから、使いにくいWEBサイトでは評価が落ちてしまいます。アートに執着してデザインを重視すると機能性が損なわれますので、機能性とデザインのバランスが大切です。

 

 

WEBデザイナーの転職はエージェントで年収アップ

WEBデザイアーが転職するお手伝いをしてくれるエージェントの利用を考えている方はTOPページへ!さらなるキャリアアップと年収アップを狙い転職エージェントに無料登録しましょう